イニアッキ監督がレアル・マドリード・カスティージャ vs CEサバデルを観戦に来ました

みなさま

しばらくレアル関連のアップデートがありませんでしたが、先週末に行われたリーガエスパニョール2部 第26節 「CEサバデル vs レアルマドリード・カスティージャ」の試合をイニアッキ監督が観戦にきました。

ご存知の人も多いかと思いますが、レアル・マドリードファンデーションキャンプを主催するE+Uはリーガエスパニョール2部リーグに所属するCEサバデルと非常に深い関係にあり、先週末のCEサバデル対レアル・マドリード・カスティージャ戦はどちらを応援すべきか、複雑な感情をもって見守った試合でした。イニアッキ監督も同様だと思います。

  

試合は、CEサバデルが3対1で勝利しました。

 

イニアッキ監督の試合の感想は次の通りです。

イニアッキ監督コメント:「サバデルは自分たちのスタイルを90分間貫きmanuel ranzaroteを起点に攻撃を展開し中盤の経験ある選手たちも献身的に動き、非常に良い内容のサッカーをしていました。レアル・マドリード・カスティージャは今年segunda Aに昇格し若い選手たちの集団ということもあり、前半のはやい段階で失点しまうと精神的に立ち直れない状態になっていましたね。試合中に焦りを感じながらのプレーに終始してしまっていました。経験不足が大きな敗戦の原因だと思います。今後のサバデルの健闘を祈っています。」

最後にMakotoコーチとイニアッキ監督のツーショット写真です。

Makotoコーチの試合に関するコメントはこちらをどうぞ。